旅行の思い出話~中国・杭州でのこと①~

NO IMAGE

学生の頃の話です。
いまから10年くらい前でしょうか。

「そうだ、中国に行こう」と思い立って、
1ヶ月中国に飛んだことがあります。

往復1ヶ月の航空券を取り、空港で手続きをしていると、
グランドスタッフの方に

「ビザは取りましたか?」と声を掛けられました。

一瞬「え?」と思い
「いや、取ってないです・・・」

と答えると、

「中国は15日以上の滞在だと観光でもビザが必要なので、出国手続きを進めることができないのですが・・・」

というようなことを言われました。

出国間近に航空券だけを取ったので、そのことを完全に見落としていたのです。

時間もギリギリで、慌てて多方面に確認をして、
現地の公安でビザを取る、ということで手続きを進めていただきました。
(この時から、いろいろと慎重になったような気がします)

思い返すと、いろいろと無謀だったなあと思いますね・・・。

杭州へは直行便ではなく、韓国・仁川(インチョン)空港を経由して行ったと記憶しています。
インチョンではトランジットでの立寄りなので、入国はしていません。
ただ、空港は広く綺麗だったので、見てみたい気持ちはありました。

頭の中はビザのことでいっぱいだったんですけどね・・・。

心配だったので、杭州に着いてから在中国日本国大使館にも電話もしました。
ビザを取れば大丈夫、と改めて教えていただき、ここでようやくホッとしました。

幸い、中国には中国人の友人(日本語が片言で話せる)がおり、
一緒に公安についてきてもらうことで手続きはスムーズに済みました。

もし渡航先で急なトラブルに巻き込まれたり、問題が起きてしまったら、
現地の日本国大使館に電話などで問い合わせれば、すぐに対応していただけると思います。

日本を出てから現地に着くまでの時間が、異常に長く感じたのでした。

テキストのコピーはできません。