海外旅行にWi-Fiをレンタルするべきか

海外旅行にWi-Fiをレンタルするべきか

春休み到来ですね。
海外にお出かけになるかたも多いのではないでしょうか。

ひとむかし前までは海外で携帯のインターネットを繋いだら請求がとんでもないことになる!
なんて感じでしたが、いまやWi-Fi機器をレンタルできる時代になりました。
通信会社もパケット定額のプランを提供し始め、ますます便利になりましたね。

今回はWi-Fiをレンタルしていくべきか?について書いていきます。

便利な点

  • 日本と同じようにインターネットが使える
  • 複数台の携帯を繋ぐことができる
  • 日本で借りて日本で返却できるので、言語の面で煩わしくない

注意すべき点は、

  • 使い放題ではない
  • 複数国に行く場合は、すべての国を申請してください
  • 国により回線速度が異なります

日本と同じようにインターネットが使える

そのための機器なので、当然と言えば当然なのですが・・・。
例えば公衆無線LANのない街中、Wi-Fiの通信エリアなら山の中でも、パッと携帯を取り出して地図を見たり、
調べ物をしたり、翻訳アプリを使ったり・・・できます。

複数台の携帯を繋ぐことができる

「1台のルーターにつき1端末しか繋ぐことができない」ということではなく、
複数台でシェアして使うことが可能です。
ただし、1台あたり使える容量が少なくなる(使い放題ではない、の項で後述)ので注意が必要です。

日本で借りて日本で返却できるので、言語の面で煩わしくない

現地で借りるとなると、英語やら現地語やらでコミュニケーションをしなければなりません。
また、貸出しと返却で時間を要しますし、そもそも在庫がなければ借りることすらできません。
その点、日本で借りてしまえば現地で接続するだけですし、帰国してから返却すればいいので時間を気にする必要もありません。

さて、注意すべき点ですが、

使い放題ではない

各社の契約プランを見ていただくと分かるのですが、1日に使えるだいたいの使用容量が定められています。
この容量をオーバーするような使い方をすると、現地の通信事業者により通信を制限される恐れがあります

しかも、帰国まで制限がかけられてしまう場合もあるので、使用用途には十分気を付けてください。

また、シェアする場合・・・たとえば4人のグループで、1日に約200MBを使えるルーターを借りていくとします。
4人とも接続したら、均等に割れば1人あたり50MBしか使えなくなる計算になりますよね?

複数国に行く場合は、すべての国を申請してください

周遊旅行で使う場合なのですが、使いたい国すべてを申請してから出掛けてください!!!
申請し忘れたまま使用する(電源を入れる)と定額の対象外となり、後から高額な請求となる場合があるのでご注意を。。

料金変更なく使用国を追加できる場合もあるので、急遽予定が変更になった場合などは、
カスタマーセンターに問い合わせることをオススメします。

国により回線速度が異なります

日本では4G/LTEが主流となっております。
が、国により2G/3G回線となり、非常に遅く感じると思います。
(4Gは3Gの5倍くらい差がある)
メールの送受信や地図を見るくらいなら3Gでもさほど気にならないと思いますが、
インターネットを閲覧すると、その違いがよく分かります。
これはルーターの種類云々の問題ではないので、どうしても心配な方は先に調べたほうが良さそうです。


私個人としては、

別に借りていかなくてもいいじゃない・・・。

というのが本音です。

少しの間ならインターネットができなくても差支えないですし、
そのお金でお土産や食事をアップグレードしたいです。。

自分が行きそうな国はきっと、駅やホテルでフリーWi-Fiが繋がりますし、
ガイドブックも持っているから聞けばいいですし(言葉が通じなくても何とかなる!!)

ただし、仕事でどうしても必要、通信環境の良くない国、情勢があまりよくない国に行くことになったら、
きっと借りていくと思います。

末筆となりますが、じつは空港でWi-Fiレンタルの仕事をほんの少ししたことがあります。
役に立つ話があれば、また書きます。。。

テキストのコピーはできません。