旅行計画~海外へ行こう~必携の物②(アジア圏)

旅行計画~海外へ行こう~必携の物②(アジア圏)

お金、パスポート、そのほかに

 

私が持って行っているものは、

  • 常備している薬
  • 胃腸薬と整腸剤
  • 歩きやすいサンダル

常備している薬

たとえば頭痛薬、解熱剤、風邪薬など、ですね。

具合が悪くてしんどいのに買いに行くよりは・・・
初めから持っていれば何の問題もありませんよね。

現地でも薬局があるので、調達は可能でしょう。
しかし当然のことながら、日本と同じ品揃えは期待できません。

日本でも目にするメーカーの薬もあるかとは思いますが、
分量などが現地の人向けになっている場合があり、
思うように効かなかったり、逆に効きすぎたりする恐れがあります。

服用の際には添付の説明書に必ず目を通してください。

胃腸薬と整腸剤

これを常備している薬と分けたのには理由があり・・・。

慣れない土地でいろいろと食べると、普段元気な方でも、
便秘気味になったり、お腹を下したり・・・ということが結構起きます。

食材が古いとかいうことではなく、料理の油でお腹の調子が悪くなることがあるのです。

なので、私は、普段胃痛になったときに服用する薬と、整腸剤を買って持って行っています。

特に整腸剤は旅行前からあらかじめ飲み始めたりもします。

歩きやすいサンダル

日本から出発する際や現地で歩くときはたいてい運動靴なのですが、歩きやすいサンダルが1足あると便利だなあと思います。

私が行く場所は日本と同じ季節か、日本より暖かい国がほとんどです。
靴でずっと過ごすと暑すぎる場合があります。

もちろん現地で購入(それも日本より安く)することも可能なのですが、
新しいがために履いている最中に靴擦れを起こしてしまうと、旅行に支障が出ます。

日本で履いたことのあるサンダルなら足になじんでいると思うので、
出先でも安心して履いて出掛けられます。

ヒールが低く軽量で、スーツケースの中でもかさばらず、
歩きやすさを考えるとバックルなどがついているものがオススメです。

また、これは特に女性ですが、現地で洋服を購入する際にサンダル履きでしたらコーディネートしやすくなりますし・・・(^^)

以上、旅行必携の物・第2弾でした。

テキストのコピーはできません。