旅行計画~海外へ行こう~スーツケースの大きさ

NO IMAGE

 スーツケースの大きさは

私たち夫婦は、自分たちで言うのもなんですが、荷物が少ないのがちょっとだけ自慢です。

7日間程度の旅行なら、高さが50cmくらいの、S(30L)サイズに分類されるスーツケース1つに2人分の荷物を収めて出掛けます。

というか、このサイズのものか、L(100L)サイズ(半月くらい出掛けられる大きさ)のものしかなく、
極力持ち物を少なくする他に選択肢がないのですが。

そして、機内用のハンドバッグ(財布・パスポート・鍵・携帯電話・本などを入れるための小さなカバン)を1つだけ別に持ちます。

荷物が少ない方がいい理由は、

  • 身軽さ
  • 時間短縮
  • 安全

だと思っています。

身軽さ

1人1つずつスーツケースを使うと、結構邪魔になるなあと感じることがあります。
空港に着く前、チェックインカウンターが開く前、渡航先に着いてからホテルまで・・・。
自分たちで持ち歩かなければならないシチュエーションがいくつかあるかと思います。

お店に入ったとき、買い物をして荷物が増えた時など、
スーツケースを持っているところに別の荷物(買い物した袋とか)が発生すると、
それだけで両手が塞がってしまい憂鬱な気分になるのです。

片方の持ち物がハンドバッグだけなら、
「ちょっと持ってて」と言って預けて行っても、
スーツケースに引っ掛けて載せておけば1つにまとまりますし、
手ぶらでその場を後にできます。
お手洗いに行く時など・・・。

また、ホテルで荷解きをするときにスーツケースが2つあると、スペースが・・・。

時間短縮

2つスーツケースがあると、計量も2つ分。
ターンテーブルでも2つ引き取るまで待たなければなりません。
数分のことなので大したことではないのですが、
慣れない土地に行くからこそ、余計に気を遣うことをしなくてもいいように心掛けています。

安全

これは本当に大事です。
置き引きなんてされては大変です。常に手から離さないようにしています。

よくあるのは、空港から出た瞬間、タクシーの運転手たちが寄ってきて、
争奪戦かのごとくスーツケースを勝手に手にし、自分のタクシーのトランクに入れようとします。。。
そして運が悪いとぼったくられます。。。
荷物が少なければこういったリスクも少なくなります。

そんなわけで、私たちは「荷物はひとまとめ、できるだけ少なく」を心掛けています。

ちなみに・・・。

お土産などを買って荷物が増えた時のことを見越して、
スーツケースの中にもうひとつ鞄を入れています。

機内持ち込みができる大きさより少し小さいくらいの、チャックがしまる鞄です。
こちらに洋服や箱入りのお菓子などを詰めれば、スーツケースのスペースが多少確保できます。

次回、スーツケースの中身について触れていこうと思います。

テキストのコピーはできません。