ホテル関係者が語る 口コミの本音 番外編 ~キャンセル料について~

NO IMAGE

キャンセル料は取られるのか?

前回の到着時間が遅れた場合に、ちょっと関係してくる部分ですが、

やむを得ずキャンセルしなれければいけなくなった場合はどうすればいいのか?

という点についてご説明いたします。

まずこれも、ビジネスホテル系と旅館、リゾートホテル系等によってけっこう変わってきますので、分けて解説いたします。

ビジネスホテル

ビジネスホテルの場合、出張や会議などの予定があり宿泊するビジネスマンが多いです。しかし、出張がなくなったり予定変更となったりすることはありますよね。そうなれば宿泊する必要はなくなるわけですが、正直なところ、こういったことはかなり頻繁に起きます。

例えば3日前に20%のキャンセル料がかかるという規約だったとしても、実際にいちいちそれを徴収していたら、かなりの業務量になってしまいます。

それくらい、キャンセルや変更の問い合わせは多いです。

ですので、そこまで細くは請求されることはないのが現状ではないかと思っています(あくまで私の経験では、です)

ですが、きちんと請求されるケースもあります。

それは・・・

①団体

②当日の予約

③事前決済

上記の場合だと、キャンセル料金はけっこう厳しく請求される可能性があります。

まず、団体の場合だと、当然人数が多いので、特に1週間前くらいになっていきなり全てキャンセルしてしまうと、ホテルとしてもリカバリーが難しいので、規約通りキャンセル料を請求されてしまう場合が多いでしょう。

次に当日キャンセルの場合です。

こちらもやはり、ホテル側としたら当日に空室が出てしまってはリカバリーが難しいので、けっこう厳しく請求されてしまう可能性があります。

最後に事前決済の場合です。

こちらの場合はネット決済となっているので、キャンセルするとキャンセル規定に準じて強制的に徴収されてしまいます

ですので、例えばインフルエンザや台風の影響等、やむを得ない事情にてキャンセルする場合には、各宿に直接連絡をすることをオススメします。

ネット決済予約というのは、自身でキャンセルすると自動的にキャンセル料金が計上されてしまいますが、ホテル側でそれを変更できる場合もあります。

これについては各ホテル、会社の考え方にもよりますが、通常台風などの、どう考えてもやむを得ない天候事情の場合にはキャンセル料金を頂かないのが通例です。

実際これは台風が発生した際にはANA、JALよりキャンセル料を頂かないでくださいとのお達し?が来ます。。。

あとは各会社の理念や経営方針にもよるとは思いますが、台風や大雪等の天災が発生した際にも、平然とキャンセル料金を請求する会社は、少なくとも私は見たことがありません。

もしそんな会社があるとすれば利益至上主義の方針を取っている会社であると言わざるを得ないでしょう。

テキストのコピーはできません。