ホテル関係者が語る 口コミの本音 番外編 オリンピック編

NO IMAGE

オリンピック開催時の宿選び

冬季五輪、日本勢頑張っていますね!

東京オリンピックも2020年と、そう遠くない未来に迫ってきていますが、

その際に間違いなく悩みどころとして挙がってくるのが、

 

宿探し

 

でしょうね。

 

特に東京のホテルとかなんて、ビジネスホテルでもどこまで価格が吊り上げられるのか?

出張が多いビジネスマンの方には頭が痛い問題ではないでしょうか?

 

そこで今回は新しいスタイルの宿について少々触れてみたいと思います。

大きく分けると・・・

・道端

・車中泊

・漫画喫茶

・カプセルホテル

・ビジネスホテル

・シティホテル~ラグジュアリーホテル

 

ざっと上記のように分けられるのではないでしょうか?

 

ですが、さすがに道端や車中泊では疲れも取れないので、

できればそれは避けたいところですね。。

 

となると、せめてカプセルホテル以上は確保したいところです。

最近はカプセルホテルでもなくビジネスホテルでもない、

新しいコンセプトのホテルもあるそうです。

なかなか斬新なアイデアですよね。

 

あとはやはり

民泊

でしょうか。

 

こちらは主にインバウンド(=海外より来る旅行者)の方をターゲットととして、

運営するという動きが主な狙いのようですね。

 

なぜ海外の方向けがメインなのか?

それは・・・

 

メリットとしては

その土地(国)の雰囲気を味わえる

という点が挙げられるのではないでしょうか。

 

あとはやはり価格が手ごろで、

長期滞在にも適しているという点も大きいところでしょう。

 

もともとマンションや民家なので当然キッチンはありますので、

長期で滞在を考えている方たちにとってはありがたいところでは。

ですが、先に述べたカプセルホテル系や民泊にはデメリットもあると言えます。

 

 

それは

安全性です。

カプセルホテルはやはり鍵がかけられないのが大きい特徴だと思います。

 

極論になりますが、自己管理を徹底しないと結構怖いところがあるかな、と。

民泊においてもマンションをホテルのように扱い、

チェックインは近隣のホテルで行うといった手法があるようです。

 

でもその場合、セキュリティ面はどうでしょうか?

 

通常のホテルは日中はもちろん、夜間においてもスタッフが常駐しています。

万が一火災が起きたら?誰がどう対応するのか?

 

民泊というのは特に価格面においてメリットはあるとは思いますが、

通常のホテルは様々な条件をクリアした上で営業許可証を頂いて運営しています。

ですが、民泊の営業許可というのは未だ定まっていなように感じます。

ですので、値段や使い勝手だけに魅力を感じるのではなく、

安全性にも目を向けて宿選びをしてみるのもいいかも知れません。

テキストのコピーはできません。