ホテル関係者が語る 口コミの本音 番外編 ~予約について④~別予約とは?

NO IMAGE

別予約で予約を取った場合は?

あるある予約パターンについて説明いたします。

あっ、このブログですが、最終的には?各ホテル、旅館の口コミで各宿の評価を用いて、宿選びの参考にして頂ければと思っております。

なんてことを言うと・・・

お前、何様だ!

と、怒られてしまいそうですので、

ある程度はホテルに関しての知識があるということをご理解して頂くために、

いろいろと小ネタを提供してまいります。

別予約というのは、簡単に説明すると・・・

例えば2泊3日の日程で、1カ所の宿に泊まるとします。

1泊目は「スタンダードプラン」というプランで予約を入れました。

2泊目は「早割プラン」という、別の名前のプランで予約を入れたとします。

ここで問題になるのは、

2泊とも同じタイプの部屋でなければ、部屋移動が発生!

してしまいますよということです。

「同じタイプの部屋」というのはおおまかに言いますと。

①喫煙、禁煙

②部屋の平米が一緒(広さが一緒)

③ベッドのサイズが一緒

・・・などが挙げられます。

よくあるパターンで、ある日程だと格安なプランが1泊のみ提供されているので、

そのプランで予約したい。

が、2泊したいがもう一方の日程ではその格安プランは販売していないので、2泊目を別のプランで予約する。

というパターンです。

もし

1泊目喫煙ルーム→2泊目禁煙ルーム

で予約したらどうなるでしょうか?

もちろんその場合は2泊目の朝には・・・

部屋移動

という、やっかいなことが生じてしまいます。。。

荷物をいったんすべて出さないとダメなので、

特に忙しいビジネスマンの方たちにとってはなるべく避けたいところです。

実は、逆にホテルとしても、

部屋移動とが起きるというのは、少々めんどくさいことなのです。

連泊で同じ部屋なら特に何も気にすることはないのですが、

部屋が変わると、忘れ物がないかとか、スタッフへの引き継ぎ事項やらと手間が発生します。

ですのでお客様としてもホテル側としても、できる限り部屋移動はない方がいいと言えるでしょう。

繁忙期はやむを得ない場合が多いのですが、閑散期(満室にはならないであろう日がねらい目)です。

空室がある場合なら、例えば

1泊目:12平米のシングルルーム

2泊目:24平米のツインルーム

で予約したとします。

その場合

パターン①12平米の部屋で2泊

パターン②24平米の部屋で2泊

パターン③1泊目と2泊目と部屋移動をする

上記のパターンとなるかと思います。

先にも述べたとおり、③の部屋移動というのはお互い避けたいところです。

では部屋タイプが違うのでどちらに合わせるのか?

という点です。

ビジネスホテルの傾向としては、

ツインルームの方が売れ残ります

これはほぼほぼどの宿でも同じ傾向だと思います。

なぜツインが売れ残るのか?

それはビジネスホテルでは1人利用のお客様が多いので、週末以外は基本1名利用の部屋の方が売れます。

ですので、平日ならば逆に

好きな方の部屋タイプを選べる

という訳です。

特に荷物が多い方なら、ツインルームの方が部屋を広く使えますので、自身の希望の部屋タイプをホテル側に伝えてみるのもいいでしょう。

あとは、最近はダブルルームが基本シングルルームというホテルもありますので、部屋の広さよりもベッドの広さを重視する方でしたら、逆にダブルルームで2泊同じ部屋になりませんか?と言ってみるのもいいでしょう。

旅館はともかく、特にビジネスホテルというのは予約の出入りが激しい場合がるので、宿泊日当日に思わぬ変更が効く場合もあるので、ご自身の希望を伝えてみるのもいいかも知れませんね。

テキストのコピーはできません。